DreamComesTrue/思いは形になる

国際結婚・子供の英語は?オーストラリアの家族は?【パースのワイナリー編】

スワンバリーワイナリー国際結婚について
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは、私のブログに来てくださってありがとうございまいす!

この記事に来てくださった方々は、
すでに国際結婚をなさっていらっしゃる方か、
これから国際結婚をする予定の方、
もしくは将来国際結婚の可能性があるなぁとご自身で感じている方なのではないでしょうか??

オーストラリア人の主人と結婚する前、関係が彼氏彼女だった頃、何か疑問に思ったり答えが欲しくても、直ぐネットで検索したりググったりする感じではなかった時代でした。(私だけかな???)

この記事を書こうと思ったのは、あの時、何か情報があれば、国際結婚てこんな感じかとか、イメージがもっとクリアになっていたかもと思ったのがきっかけです!

主人と息子二人は、事あるごとにオーストラリアに行っているので、数えきれないほど訪問しています。
しかしながら、結婚13年目でオーストラリアの家族訪問は今回で3回目でした!
(少ないですね。。。そこにはいろいろありました。。)

2019年8月、日本は夏。オーストラリアは冬。
主人と息子は約2週間の滞在。 私は1週間の滞在です。(帰りは一人で帰ります。)

冬のビーチ。
ショッピングセンター
オーストラリアの家庭料理
キングスパーク
フリーマントル・マーケット
フリーマントル刑務所
ロンドンコート
スカボロービーチ
大きなオーストラリアの公園
オーストラリアのBirthdayParty
ヒラリーズヨットハーバー
ワイナリー&チョコレートファクトリー

カラフルなチーズケーキ屋さん
美味しいカフェ

いろいろ連れて行ってもらいました。。。

何回かに分けて、記事を書いていこうと思います。

皆さん一人一人が、何かを感じとって頂いて、自分なりの答えを見つけていただけたらと思います!!

この記事が、これから国際結婚を考えている方、予定のある方の何かのお役に立てれば幸いです。。



国際結婚あるある話⑧ 子供は英語を話せるようになるか?

お子さん、英語ペラペラなんでしょ?お父さんが英語話せるからいいわね。

これ、よく聞かれます。

でも、実際、夫婦のどちらかが英語を話すからって、日本に住んでいる中、 “ 自然 “となんて、そう簡単に英語なんて身につかないのが現実です!

残念ながら、そんなに甘くないよ

私達の周りの国際結婚したお友達のほとんどのお子さんが、カタコト英語しか話しません。。。

全く離せない子もいます。完全にお父さんが諦めて、日本語でコミュニュケーションを取ってる状態です。

自然となんて英語は身につかないとわかっていた私達は、子供の将来を考えました。

特に、本人が大人になった時、お父さんと英語で、政治の話をしたり、お酒を飲みながら大人の会話ができるようにしてあげたいと思ったので、小さい時から英語学習には力を入れて行こうと決めました。

幼稚園から小学校までインターナショナルスクールに通わせました。

皆さんご存知だと思いますが、インターナショナルスクールは学費が高いです。
大学以上だったりする場合がほとんどです。

私達はお金持ちでもなんでもない普通の家庭です。
もちろん私も働いています。(そうでないと無理)

覚悟がいるぞ!

(高収入の人はここは無視してね!)

でも、高額な学費を頑張って払い続けた結果、息子はネイティブレベルの英語を話せるようになりました。

学校だけのおかげでもなく、本人も、英語学習を本当に頑張りました。

厳しいようですが、お子さんをネイティブレベルにしたければ、二択しかありません。
インターナショナルに通わせて英語学習を本人が頑張るか、パートナーの国で暮らす事です!

国際結婚はホント、甘くないです。。。

日本に住んでいるハーフの子で英語ペラペラの子は、自然と英語が話せるようになったんじゃなくて、自分達でちゃんと努力して頑張って、英語を身に付けたんだよ!

グローバルクラウン

スワンバリーのワイナリー DAY7

パースシティからボートで移動

スワンバレーボート

ワイナリーとチョコレートファクトリーに行ける、セットになったボートツアーに参加しました。

パースシティから出発です!

ボート内

義母と義妹、姪っ子ちゃんも一緒に来てくれました!

ボート内の人

海外からの観光客もいますが、オーストラリア人の観光客が半数以上と思われます。

ボート・チーズ

ツアー料金にチーズとワインのサービスが付いています!

美味しそう〜

ボート外

ワインを飲みながら、みんなボート内をフラフラうろつきます。

ボート外・鳥

たくさんの鳥がキラキラひかる水面を泳いでいます!

映画『君に読む物語』みたいだな〜

ボート外・眺め

ライアン・ゴズリング、名前はゴリラみたいだけど、かっこいいよね



ワイナリー到着

ワイナリー到着

ボートがワイナリーに到着しました。

ここからボートで一緒だった皆さんとシャトルバスに乗って、ランチをするレストランに向かいます。

ワイナリー道路

シャトルバスに乗って、2分もしないうちに到着。。。

バスいらない。眺めがいいから歩かせてほしかったぞ。

ワイナリーでランチ

ツアーの中学生の価格は子供料金のため、ランチもお子様サイズに息子は不満げ。

義母が、ランチを大人サイズに変えてもらおうと交渉しましたが聞いてもらえず。。。
私のランチと交換で問題解決。

中学生には小さすぎだぞ。

ワイナリーテント

ワイン飲み放題!

ボートの上でも飲み続けてると、もうここではアップアップだぞ

ワイナリーグラス

どんどん飲めー!というくらい、どんどんワインが継がれていきます!

ワイナリーチーズ

チーズもサービスで付いてきます。
でも、おかわりないから、みんな早い!

弱肉強食だぞ!

ワイナリー椅子

椅子があちこちにありますが、ほとんどの人が立っています。

オーストラリア人はやっぱり立食が好き


チョコレートファクトリー

チョコレートファクトリー

ワイナリーを後にして、またシャトルバスに揺られて(もう酔っ払って吐きそう)次はチョコレートファクトリーへ向かいます。

チョコレートファクトリーとツアー会社が歌っていたので、私的には映画『チャーリー&チョコレートファクトリー』とまでは言いませんが、イメージとしては ” 工場 “と期待して行ったのですが、ちょっとそこは違いました。

” 工場 ” というよりは、倉庫内のチョコレートのお土産屋さんです。

ちょっと騙された感が半端ないぞ

ボートでパースシティへ帰る

ボート・パースシティへ

帰りは、同じメンバー&同じボートでパースシティへ帰ります。

乗客みんな、ベロベロに酔っ払っていて、陽気な船内です。

ボートの美人ガイドさんから、何曲かの歌のサービスがあります。

歌に合わせて、何人かの人が踊り始めて愉快でした。

でも一番気になったのは、ボートを運転していた、Netflixの『ストレンジャーシングスに出てくるビリー似のセクシー運転手でした。。。

またそっちかい

グローバルクラウン

 

続きはこちら↓

 

旅の初めはこちらから↓

 

英語をちょっと勉強したい人はこちら↓

 

オーストラリアの義母と一緒に過ごしたバリ島旅行はこちら↓

Pocket

コメント