DreamComesTrue/思いは形になる

英語の勉強方法!映画【50回目のファーストキス】日常英会話を学ぶ!

映画英会話レッスン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pocket

英語話せたら外国の人と会話ができて、世界が広がりそうだな。。。
留学もしたいし。。。でもその前にお家でできる勉強方法ないかな?

あるある!

映画は好き?
映画が好きなら、映画をみながら英語の勉強するのがおすすめなやり方!!

 

英語は、 会話 です。
勉強 と捉えると、あまり会話としては上達しないですね。

受験勉強のための英語、ビジネスのための英語、その目的によって勉強の仕方も変わってくると思います。

映画を使っての英会話の勉強は、なんと言っても日常会話の習得にはもってこいです!!

映画を選ぶときのコツは、初級レベルの方であれば、現代ドラマやコメディですね。

中級レベルは、タイムトラベル系の映画です。
内容が、現代、過去、未来と飛んでいくので、キャラクターの会話が過去形や未来形になり、とても勉強になります。

上級者向けには、政治の話、裁判など法律をあつかった話などでしょう。

自分のレベルにあった好きな映画を探して、リスニングを鍛え、キャラクターの話した言葉をその場でシャドウイング(まねをして口に発音してみる)するといいでしょう!

今回は、初級向け英会話学習にもってこい映画50回目のファースト・キスから、日常で使える英語をピックアップします!!

オーストラリア人の私の夫や外国人の友人との英語での会話の中で、実際にネイティブとよく使う英語フレーズをピックアップ!

下記した実用的なフレーズ集を覚えれば、日常的なネイティブとの簡単な会話レベルに到達できるようなるでしょう!

全く英語が読めない人のためにも、カタカナ表記もしてあります!!
でも、カタカナで英語を理解するのは後々よくありませんので、できるだけ頑張って、英語は英語で読めるように頑張りましょう!!(カタカナで発音す

るには限界があります)

皆さんの英会話学習の何かもお役にたてれば幸いです!!

英語の勉強方法!映画【50回目のファースト・キス】のあらすじ

50回目のファーストキス

2004年アメリカ映画 / コメディ (2018年に日本でリメイク作品が公開)

※ ↓を読むと映画の内容がわかってしまうので映画を楽しみたい方はここは飛ばして、この下の『映画50回目のファースト・キスから学ぶ・使えるフレーズ集』にお進みください!

プレイボーイのヘンリーはハワイの水族館で獣医師として働いています。

ハワイに訪れる観光客の女性と一夜限りの関係を楽しみにしながら毎日を楽しく過ごしている楽観的な性格のヘンリーはある日、カフェで可愛らしい地元っ子のルーシと出会います。

地元の子には手を出さないと決めていたヘンリーでしたが、彼女のことがだんだんと気になっていきます。

ルーシのことを忘れられないヘンリーはまた同じカフェに会いにいき、声をかけますが、ルーシーは全くヘンリーの事を覚えていませんでした。

変に思ったヘンリーでしたが、カフェの店主からルーシーは事故で短期記憶喪失障害になってしまい、事故前日のことは覚えているが、以後の記憶がリセットしてしまうためヘンリーのことを記憶に留めておくことはできないと言われてしまいます。

それでもルーシーのことが諦めきらないヘンリーは、その日から毎日いろいろな方法でルーシーに積極的にアプローチしていきます。

ある日、ルーシーの車が車検切れで警察に注意された時、ルーシーは自分が記憶喪失だと言うことに気づきます。

ヘンリーはルーシーのために、過ぎていった毎日をすぐ理解できるようにビデオテープを作ります。

徐々に二人はその困難にもめげずに関係を深めていきますが、未来に不安を感じたルーシーが別れを切り出し、二人は別れることになります。

分かれた後も、ルーシーがヘンリーと会ったときにだけ歌う歌を歌っていると知ったヘンリーはルーシーは自分のことを記憶していると期待してルーシーに会いにいきまが、やはりルーシはヘンリーを覚えていませんでした。

しかし、ヘンリーのことは覚えていないはずなのに、ルーシーの部屋にはルーシが描いたヘンリーの絵がたくさん飾られていました。記憶のどこかにヘンリーの存在があったのでした。

ルーシーの症状は改善されませんが、二人は結婚し、子供も生まれ、幸せになります。

 

オンライン訴求

映画【50回目のファースト・キス】から学ぶ・使えるフレーズ集

50回目のファーストキスカフェ

【友達が旅行から帰ってきた時】
How was 〇〇?  (〇〇はどうだった?)
ハウ ワズ 〇〇?
※ 〇〇は国や場所
【最高の1週間だった時】
It was the best week of my life.   (人生の中で一番最高の週だったの)
イトワズ ザ ベスト ウィーク オブ マイライフ
【薬を塗る時】
Put this on △ times a day for ◯ weeks.   (これを◯週間、1日に△回塗ってね)
プット ディスオン △ タイムズ ア デイ フォー ◯ ウィーク
【空港まで送って行った時】
I dropped her off at the airport this morning. (今朝、彼女を空港まで送ってきたよ)
アイ ドロップ ハー オフ アット ディ エアーポート ディス モーニング
※ drop off は空港で下ろしたのニュアンスの意味です。
【細いことが聞きたい時】
I need some details. (詳細が聞きたいよ)
アイ ニード サム ディーテール
【冗談を言ったけど相手が引いちゃった時】
Just kidding!     (冗談だよ!)
ジャスト キディング!
【急いできて欲しい時】
Come quickly!     (早く来て!)
カム クイックリー
【安心させたい時】
Don’t be scared.   Everything’s gonna be fine.  Stay come.
(怖がらなくていいよ、大丈夫だからね、落ち着いて)
ドンッビ スケァド。 エブリシングス ゴナビ ファイン。 ステイ カム
【出て行って欲しい時】
Get out of here!    (出て行って!)
ゲッラウト オブ ヒア!
【くそっと思った時】
Damn it!   (くそっ)
デメット!
【注文を受ける時】
What can I get for you?  (ご注文は?)
ワッキャナイ ゲッフォーユー
 I guess I’ll take a cup of coffee.  (えっとね、コーヒもらうかな)
アイ ゲス アイル テイク ア カップ オブ コーヒー
【知らない人にじっと見つめられた時】
Are you staring at me?  You freak me out! (私の事見てるの?気持ち悪いんだよ!)
アーユー ステア アットミー? ユー フリーク ミー アウト!
【選択をせまる時】
It’s up to you.   (あなた次第だよ)
イッツ アップ トゥ ユー
【おすすめする時】
Why don’t you try this?   (これ、試してみたら?)
ワイ ドンッユ トライ ディス?
【カフェで一人でいる人を誘う時】
I see you’re sitting there alone.  Do you wanna come and sit down?
(一人みたいね。ここに来て一緒に座らない?)
アイシー ユーアー シッティング ゼア アローン。ドゥユ ワナ カム アンド シッダウン?
Sorry to interrupt, but I notice we were both eating alone and I thought I could sit with you?
(邪魔してごめんね、僕たち一人でいるって気づいたんだけど、一緒に座ってもいいかな?)
ソーリー トゥ インタラプト、バット アイ ノーティス ウィー アー ボス イーティング アローン アンド アイ ソート アイ クッド シット ウィズユー
【誘う時】
Would you like to have dinner tomorrow?    (明日、一緒に夕食どう?)
ウッジュ ライク トゥ ハブ ディナー トゥモロー?
【別れる時】
bye!  (バイバイ!)
バイ!
see ya!  (またね!)
シーヤ!
take care!  (じゃあね!)
テイクケア!
【なんでもできる人がいた時】
You are good at everything.    (なんでも得意だね)
ユーアー グットアット エブリシング
【話を変えたい時】
By the way,    (ところでさ、)
バイザ ウェイ
【人生がめちゃくちゃな時】
My life is sucks.    (俺の人生は最悪だよ)
マイ ライフ イズ サックス
【反撃したい時】
What’s wrong with that?     (それの何が悪いんだよ)
ワッツ ウロング ウィズ ザット?
【血が出てる人をみた時】
You’re bleeding!    (血が出てるよ!)
【何か探してる人をみた時】
Looking for something?   (何かお探し?)
ルッキング フォー サムシング?
【何してるか聞きたい時】
What are you doing here?     (ここで何してるの?)
ワット アーユー ドゥーイング ヒア
【好きな人に気持ちを言う時】
I’ve been thinking about you all day.   (ずっとあなたの事考えてたよ)
アイブ ビーン シンキング アバウト ユー オールデイ
Can’t wait to have dinner with you.     (一緒に夕食するの待ちきれないよ)
キャンッウェイト トゥ ハブ ディナー ウィズユー
【酔った時】
I think I’m getting kind of drunk.      (酔ってきちゃったかも)
アイ シンク アイム ゲッティング カインド オブ ドランク
I’m not drunk at all.    (全然、酔っ払ってないよ)
アイム ノット ドランク アットアール
【店を閉めたけど客がきた時】
We’re closed today.      (今日はもう閉めました)
ウィーアー クローズドゥ トゥデイ
【相手の変な事を話してる時】
What are you talking about?    (何いってるの?)
ワットアーユー トーキング アバウト?
【助けがいる時】
I need your help.    (助けて欲しいの)
アイ ニードヨア ヘルプ
【ついてきて欲しい時】
Follow me.    (私についてきて)
フォローミー
【自分に任して欲しい時】
I’ll handle it.     (私がなんとかする)
アイル ハンドル イット
【傷つけたくなっかた時】
 I did’t wanna hurt her feelings.   (彼女を傷つけたくなかったんだよ)
アイ ディドゥンット ワナ ハート ハー フィーリングス
【他に考えがある時】
I have another idea!    (他にアイディアがあるよ)
アイ ハブ アナザー アイディア!
【相手の提案がいいと思った時】
Sounds great!      (それはいいね!)
サウンズ グレイト!
Good idea!    (いい案だね!)
グッド アイディア!
【夕飯を相手と決める時】
What are we eating tonight?     (今晩、なに食べる?)
ワット アーウィー イーティング トゥナイト?
【この職業に向いてるなと思った時】
You should be a 〇〇! (〇〇になった方がいいよ!)
※ 〇〇は職業の単語
【予想できなくて驚いた事を相手も同じだったか聞く時】
Did you see that coming?    (そうくると思った?)
ディジュ シー ザット カミング?
【挨拶がしたい時】
I just wanna say hi to 〇〇.   (〇〇に、こんにちわが言いたいだけなんだけど)
アイ ジャスト ワナ セイ ハイ トゥ 〇〇
【何も問題起こさないと約束したい時】
I promise you I’m not gonna do anything wrong.
(何も悪い事しないって約束するよ)
アイ プロミスユー アイムノット ゴナドゥ エニシング ウロング
【信じて欲しい時】
Trust me!    (信じて!)
トラストミー
I swear!  (誓うよ!)
アイ スエァ!
【馬鹿な事をしてる相手に言う時】
You gotta be kidding me.    (あまえ、冗談だろ)
ユー ガタビー キディングミー
【自分が馬鹿だと思った時】
I’m stupid!    (俺は馬鹿か!)
アイム ステューピッド!
【一緒にくるか提案する時】
Why don’t you come with me?  (一緒にこない?)
ワイ ドンッユー カム ウィズミー?
【日本語を教えてあげたい時】
I’ll help teach you some of Japanese.    (日本語教えるの手伝うよ)
アイル ヘルプ ティーチ ユー サムオブ ジャパニーズ
【楽しかった後のお別れの時】
I had a nice time.   (楽しかったよ)
アイ ハドア ナイス タイム
【離れて欲しい時】
Stay away from 〇〇!     (〇〇に近寄るな!)
ステイ アウェイ フローム 〇〇
【車が止まって助けて欲しい時】
Sorry to bother you.  I’m kind of stuck here. 
(ご迷惑かけて申し訳ないのですが、ここで動けなくなっちゃて)
ソーリー トゥ バーザー ユー、アイム カインド オブ スタック ヒア
【何か見せたいものがある時】
There’s something I wanna show you.   (見せたいものがあるんだ)
ゼアイズ サムシング アイ ワナ ショー ユー
【質問したい時】
Let me ask  you something.   (聞いてもいいかな?)
レッミー アスク ユー サムシング
【人や物を紹介したい時】
I would like to introduce to you 〇〇.   (〇〇を紹介します)
アイ ウッドゥライク トゥ イントロデュース トゥ ユー 〇〇
【悩んでる人を励ましたい時】
You’ll get over it.       (あなたなら乗り越えられるよ)
ユーウィル ゲット オーバー イット
【寝たい時】
I’m gonna go to sleep.     (もう寝るね)
アイム ゴナ ゴートゥ スリープ
【相手が疲れてる時】
I hope you get some rest tonight.   (今晩はゆっくり休んでね)
アイ ホープ ユー ゲット サム レスト トゥナイト
【親切にされた時】
Thank you for being so nice to me today.    (今日はとても親切にしてくれてありがとう)
センキューフォー ビーン ソー ナイス トゥミー トゥデイ
【うまくいかない時】
 It doesn’t work.      (うまくいかないよ)
イッダズンット ウォーク
【もっと相手を知りたいと時】
Tell me a little bit more about yourself.    (あなたについてもっと教えて)
テルミー ア リトルビット モア アバウト ヨーセルフ
What do you want to know?        (何が知りたいの?)
ワッドゥユ ウォントトゥ ノウ?
【すごく好きだと言いたい時】
I love you so much.  Probably more than anybody could love another person.
(すごく大好きだよ。多分、誰かが誰かを好きな以上に)
【友達を紹介したい時】
You want to meet a friend of mine?   (私の友達にあってみない?)
ユー ウォントトゥ ミート ア フレンド オブ マイン?
【相手に間違いないか聞きたい時】
Are you sure about that?     (それは確かなの?)
アーユー シュア アバウト ザット?
【結婚して欲しい時】
Will you marry me?   (僕と結婚してくれる?)
ウィルユー メリー ミー?
【不可能な事を信じてる人に話す時】
That’s what you want to believe.  But it’s never gonna happen.
(それはあなたが望んでるだけで、実際に起こることはないよ)
ザッツ ワッユー ウォントトゥ ビリーブ。バット イッツ ネバーゴナ ハプン
【仕事に行く時】
I gotta go to work.    (仕事に行かなくちゃ)
アイ ゴタゴー トゥ ワーク
【お別れの時】
I’m gonna miss you.     (会えなくなるから寂しくなるよ)
アム ゴナ ミスユー
Thank you for coming to say goodbye.    (お別れに来てくれてありがとう)
センキュー フォー カミング トゥセイ グットバイ
You take care of yourself.      (体には気をつけてね)
ユー テイク ケア オブ ヨーセルフ
【プレゼントをあげたい時】
I got a little gift for you.      (ちょっとしたプレゼントがあるんだけど)
アイ ゴット ア リトル ギフト フォーユー
【怒ってる時】
You sick bastard!      (頭に行かれたゲスやろう!)
ユー シック バスタードッ!
【何か困ってる人を見かけた時】
Can I help you?    (お手伝いしましょうか?)
※ どうしましたか?のニュアンスで使えます。
【何かを探してる時】
I’m looking for 〇〇.     (〇〇を探してるんだけど)
アイム ルッキング フォー 〇〇
【予約を入れた時】
I have an appointment.    (予約してあるんだけど)
アイ ハブ アン アポイトメント
医者や会社の予約の時
 I would like to reserve a table at this restaurant.    (このレストランで席を予約したよ)
アイウッド ライク トゥ リザーブ ア テーブル アット ディス レストラン
※ reserve は席や部屋をの予約の時。book と入れ替えることもできます。
【外が寒い時】
It’s very cold outside, so put  on a jacket.    (外は寒いから、ジャケット着てね)
イッツ ベリー コールド アウトサイド、ソー プット オン ア ジャケット
オンライン英会話

まとめ

皆さん、いかがだったでしょうか?

日本でもリメイクされた面白い作品です。

舞台はハワイでこの映画を観ているだけで、ハワイにいる気分にさせてくれます。

ラブストーリーなので、恋人やご夫婦間で使える英語フレーズもありますので覚えて使ってみてください!

 

 

 

国際結婚&オーストラリアについてはこちら↓

 

グローバルクラウン

Pocket

コメント